サイトメニュー

痩せるプログラム

女性

長く続けることが可能

メタボリックシンドロームと呼ばれるようになり太っていることによって生活習慣病の予備軍となっている人がダイエットを決意することは容易に想像できます。しかし実際に食事制限をしたり運動をするような人も少なく、自己管理が難しくやっていることが長続きしないというのが主な原因となっています。太っていると「膝関節に負担がかかる」ことや「腰痛の原因になる」ほかに、運動をしないことで「基礎代謝が低下する」というマイナスな要因が増えてしまいます。ライフスタイルがおもうように変えられないと、自分でわかっていながら対策ができない人は、まず病院でダイエットプログラムを作ってもらうことも考えることです。フィットネスクラブと違ってどのような病院を選ぶのがいいのかというと、ダイエットプログラムをやっている専門クリニックがベストといえます。プログラムには食事療法から薬物療法や運動療法のスペシャリストがいますので、管理栄養士や薬剤師、理学療法士も揃っているところをでは安心して指導を受けることができます。その他にも適切なカウンセリングを受けることができる病院は特に選んでおきたいポイントになり、相談できることがメンタルヘルスへの影響が少なくなります。

フィットネスクラブと違って病院でダイエットをする場合には、まず今の自分がどのような状態にあるのかを検査をすることから始まります。検査内容は身長体重などの基本情報はもちろん、内臓脂肪や皮下脂肪も調べていき病歴から見る無理のないプログラムを作成します。検査をベースにした病院では定期的な検査をしながら、食事療法や運動療法のアドバイスをするので自宅での食事に気をつけることや運動はフィットネスクラブで行います。軽いメタボリックシンドロームの人はこのプログラムで、肥満解消をすることができるので手軽にダイエットをすることが可能です。また検査から食事療法や運動療法までしっかりとダイエットをする人は、入院型のプログラムを提供している病院がベストといえます。入院することによって食事療法はカロリー制限から栄養管理をしてもらうことができるので、基本的な体重が減ることは間違いありません。また運動療法ではリハビリテーションでカロリー消費のためのプログラムを提供してもらうことができるので、痩せることに関しては問題なく進みます。そして病院で何よりも頼りになるのは臨床心理士によるカウンセリングを受けることで、辛いと感じることもモチベーションアップしながらこなすことができます。