サイトメニュー

健康的に痩せる

看護師

医師の指導による減量方法

頑張って減量してもリバウンドしてしまったり、食事制限などを続けられずに挫折してしまったりと、ダイエットに成功するのはなかなか難しいものです。また、巷で流行っているダイエット法の中には、短期間で減量できるものの体に大きな負担がかかるものもあります。病院のダイエット外来は、何度もダイエットに失敗してきた人や、体重が増えすぎて健康上に不安のある人が活用できます。利用価値の高い点としては、自分に合ったダイエット法を提案してもらえることでしょう。初診時に血液検査や尿検査なども行われるので、何が原因で太っているのか知ることも可能です。遺伝子検査を行ってくれる病院もあるので、遺伝子的に太りやすい体質であるのかもわかります。原因が分かることで、どのように減量していけばよいのか明確にできるうえ、何らかの疾患で太っている場合には治療も同時に行えます。肥満度が高い人は入院による治療もあるため、減量に集中することができ短期間で大きな成果が得られるでしょう。もちろん、医師の指導のもとに行うため、健康上の心配も無用です。BMI値が30以上ある場合は健康保険の適用も可能であるため、費用の負担も少なく確実に痩せられる方法といえるでしょう。

病院でのダイエットは、外来と入院の大きく2つのサービスに分けられます。外来は、初診時に行った検査をもとに医師から適切なダイエット方法を提案されるため、それに沿って行っていきます。一般的には食事療法、運動療法、薬物療法が行われ、特に食事療法と運動療法が軸となります。食事療法では栄養士によるバランスの取れた痩せるための食事の指導があり、運動療法では運動療法学に基づいた運動の指導が行われます。さらに効果を高めるために食欲を抑制したり、脂肪の吸収を抑える薬が処方されることもあります。病院で行われるダイエットは、一時的な減量ではなく健康的なライフスタイルに変え太りにくい体作りをするというものです。だいたい、2ヶ月で6キロの減量が目標となります。また、これらの基本的な療法では改善が難しく、健康上に問題がある場合は、胃の一部を切除する外科手術が行われることもあります。外科手術も入院の一種に入りますが、入院によって行われるのは基本的な食事療法や運動療法、薬物療法などです。食事もしっかりと栄養士に管理されたものを食べ、家にいる時のように気軽に間食もできないため、より早く減量に成功することができます。多くの場合、1ヶ月から2ヶ月の入院プログラムが組まれます。